2017suso

女性のあそこの臭い「すそわきが」の原因と難しくない対策法

女性はどうしても30歳前後から、すそわきがという臭いに悩まされるといいます。それは生きている証拠でもありますが、やっぱりあそこが臭いなんて恥ずかしいですよね。それは努力次第で克服できるのです。以下にまとめましたので参考にされてください。

すそわきがの原因

脇から耐え難い臭いを感じるワキガと同様、陰部から臭いが出る物に、すそわきがという物があります。

外陰部臭症とも言い、アポクリン汗腺から出る脂肪・尿素・アンモニアなど臭いの元となる成分が含まれた汗が原因となります。この、アポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と合わさり、皮膚の常在菌に分泌される事で、すそわきがの臭いが発生します。

アポクリン汗腺は脇や陰部、乳首の周り、へその周りに多く存在します。すそわきがの臭いは性交時に強まる事もわかっており、フェロモンとしての役割の名残と考えられています。

すそわきがの注意点

すそわきがの臭いの強さは、アポクリン汗腺の多さに比例しますが、親がアポクリン汗腺を多く持っていた場合は子に遺伝する可能性が高いです。また、食事や体調によって臭いが強くなる事もあります。

例えば、ニンニクやネギなど臭いの強い物を食べると、その臭い成分を体に取り込む事になるので、すそわきがの臭いも強くなります。

また、肉や乳製品を多く摂る事もアポクリン汗腺や皮脂腺の働きを活発にする為、臭いを強める原因となります。そして、生理中や体調を崩している時にも臭いが強くなる傾向があります。そのような場合は無理をせず体を休めるのが良いでしょう。

すそわきがの解消法

食事の内容にも注意し、魚や野菜を摂る事が望ましいです。肥満気味の場合は、皮下脂肪を減らすようにする事で、アポクリン汗腺や皮脂腺の働きを抑える事が期待できます。

また、すそわきが用の洗浄料で余分な皮脂や雑菌を除去して清潔に保つ事も重要です。専用のクリームやスプレーも販売されているので、自分に合った物を使用するのも臭いを軽減させる方法です。

余分な皮脂や雑菌を増やさないという意味では、陰部の脱毛も臭い軽減の方法のひとつと言えます。ただ、完全にすそわきがの臭いを消し去りたいのであれば、アポクリン汗腺の働きを弱めるか、除去する事です。

■自分でできる対策方法

  • 正しい洗い方で臭いを抑える
  • 清潔に正しい吹き方で刺激を抑える
  • 普段の食生活から臭いが出ずらい食事にする
  • ムダ毛を処理することで蒸れによる雑菌を抑える

あそこの洗い方

女性はすそわきがの臭いが気になるとどうしても力を入れて洗う傾向にあります。ごしごし洗ってしまうと、あそこを傷つけてしまい、それが原因で臭いを出してしまうこともあるのです。

優しく洗うように気をつけましょう。それから刺激の強いボディソープを控え、弱酸性の石鹸やあそこ専用のソープに変えるのも効果があります。あそこは繊細なので、刺激が強すぎると体を守ろうとして臭いを出す働きがあるので気をつけましょう。

最近では、デリケートゾーン専用のジャムウ石鹸もありますが、あくまで膣の入り口までを洗うものです。膣内部は非常にデリケートなので、絶対に使用してはいけません。

引用 あそこ臭い

あそこのふき方

トイレに行った際、ごしごしトイレットペーパーでふくのもすそわきがの原因です。優しくぽんぽんと押さえるようにふきましょう。いわゆる肛門の方から膣に向かってふいてしまうと、肛門の菌が膣についてしまい、臭いの原因となってしまいます。

膣から肛門へむかってふくようにしましょう。ふくというより、ぽんぽんと押さえる感じでふくのがポイントです。お風呂からあがったときタオルでふくときも気を付けてください。

食生活を整える

食生活を整えることも重要です。肉類や加工食品、糖質をとりすぎるとすそわきがの原因となってしまいます。バランス良い食事をとると臭いが軽減されます。

臭いというのは、体の中のバランスが崩れることで起こるとも言われています。臭いは身体からのサインなのですね。現代の食生活はどうしても酸性に偏りがちなので、アルカリ性食品をとるといいとされています。

食事の最後に梅干しを食べることでアルカリ性を保つことができるので、夜の食事の最後にいただくと効果が出てきます。

あそこのムダ毛処理

あそこのムダ毛を処理することで、すそわきがの臭いを軽減させることができます。今は医療脱毛などでも主流となっているVIOコースは効果抜群です。

痛いし恥ずかしいという思いはつきものですが、半年ほどでかなりの女性が脱毛完了します。あそこの毛がなくなると、生理の時の蒸れがなくなるし、血液や尿がつくこともなくなるので、すそわきがというあの独特の臭いから解放されるのです。臭いの原因は毛につくので、それを脱毛するとかなりいい結果が得られます。

すそわきがの治療、手術について


治療法には、高周波、超音波をアポクリン汗腺にあて、働きを弱めるものや、レーザーでアポクリン汗腺を焼き、固めるというものもあります。レーザー治療では、すそわきがの治療と共にアンダーヘアも薄くなっていきます。

そして、すそわきがの治療法で1番多いものにボトックス注射があります。ボトックスという薬剤をアポクリン汗腺に注射し、その働きを弱めます。費用も他の物に比べ安く、副作用の心配も他の物より少ないです。治療時間も短い為、気軽に挑戦できる治療法と言えます。

ただし、その効果は半年から1年と言われています。手術には、皮下組織除去法という、皮膚を数センチ切開してアポクリン汗腺を除去するものがあります。

また、傷が小さくて済み、これまでの切開法では1番効果が高いと注目されている、超音波吸引法といものもあります。数箇所、小さく皮膚を切開し、超音波でアポクリン汗腺を焼いた後に吸引・除去する方法です。

自分でできる対策から、治療、手術まで、すそわきがの臭い対策は色々とあります。すそわきがの方々のお悩みが軽減、解消されますように。

アポクリン汗腺から出る汗が原因!アンモニアの臭いと混ざったデリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いの事をすそわきがと呼ばれていて最近では悩みを抱えている人が増えてきています。デリケートゾーンは脇と同様にアポクリン腺が多い部位でもあるのでわきがと同じような臭いがするのではないかと思ってしまうでしょう。

しかしデリケートゾーンは尿のアンモニアの臭いも混ざってしまうのでわきが異常に臭くなると言われています。

アンモニアの臭いと混ざったデリケートゾーンの臭いの原因

わきがでもそれなりに臭いのでそれ以上だとすぐに対策していく必要があります。対策していくにはまず原因をしっかり把握しておく事が大切になってきます。そこですそわきがになる原因をしっかり確認していきましょう。

肉類中心の食生活になっている


体に必要な栄養素の一つにタンパク質があるので食事をして摂取する事も多いでしょう。

タンパク質や肉類や大豆製品などに含まれていますが、肉類は動物性タンパク質なので体臭を強めてしまう事があります。特にデリケートゾーンは蒸れやすくて汗の分泌量も多くなってしまうので臭いが強くなりやすいです。肉類中心の食生活になっているのがすそわきがの原因の一つでもあるので改善していくには消臭効果がある植物性タンパク質が含まれている大豆製品の納豆や豆腐を積極的に食べるようにしましょう。

お酒を毎日飲んでいる

お酒を飲んでいるとアルコールを摂取するので体が温まってしまいます。体が温まってしまうとデリケートゾーンにあるアポクリン腺を刺激してしまうので汗の分泌量が多くなってしまいます。

アポクリン腺から分泌される汗は皮脂が混ざっていて酸化しているので強い臭いが発生してしまいます。特に毎日お酒を飲んでいるとすそわきがになる可能性も高いので改善していくにはお酒をなるべく控えるようにしましょう。

ホルモンバランスが乱れているとデリケートゾーンから強い臭いが発生してしまう

夜更かしをする事が多いなど不規則な生活習慣を送っているとホルモンバランスが乱れてきてしまいます。

ホルモンバランスが乱れてしまうと体温調節が出来なくなる事があるので汗の分泌量が多くなってしまいます。特に蒸れやすいデリケートゾーンは大量の汗をかく事が多いのでムダ毛に付着して雑菌が繁殖してしまいます。

それによりデリケートゾーンから強い臭いが発生してしまう事もあるので改善していくには規則正しい生活を送ってホルモンバランスを整えるようにしましょう。

夜の12時を過ぎると身体のいろいろな箇所の働きが鈍くなり眠る準備をはじめます。それなのにまだ起きていると、脳や各臓器に負担がかかることもあるようです。

引用 http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/23

すそわきがになってしまう原因はこのようにあるので一つでも該当している人はすぐに改善してデリケートゾーンを清潔に保ち続けるようにしましょう。

すそわきがっての原因は遺伝によるって本当?

わきがなど人が不快感を感じる匂いに悩む人が日本人の中に増加している傾向があります。

というのも、日本人は毎日湯船に浸かるといった入浴習慣があるため、比較的皮膚に付着している常在菌など汗に匂いを発生させる元を断つことが習慣として備わっていました。しかし、近年のすそわきがのように性別や年齢を問わず匂いに悩んでいる人が増えている背景に、実は、遺伝が関係していることがわかってきました。

例えば、両親のうちどちらかがわきがを発症している場合は、50%以上の割合でわきがを引き継いでしまう場合があり、かたや両親ともにわきがであれば、その割合は70%以上に上昇してしまうとも言われています。

メンデルの法則 ~ 優劣の法則

生物のある1対の形質 (たとえばエンドウの種子の形が滑らかで全体が丸いものと、シワが寄って角ばっているもの) をもつものを交配すると、雑種第一代(F1)では、すべてが両親のどちらか一方の形質のもの(表面が滑らかで丸いもの)のみが生じ、他の親の形質のもの (シワが寄って角ばったもの) は現れてこない


遺伝学電子博物館

両親から受けたDNAから構成されている子供の体になりますので、わきがが遺伝として引き継がれてしまうのです。

すそわきがの原因はアポクリン汗腺って本当?

人間の体には無数の汗腺があります。汗腺には、体の外へと水分を排出する穴のことを指しており、汗をかいたときに水分が額や皮膚から出てくるのは、すべてエクリン汗腺かもしくはアポクリン汗腺から排出された水分となります。

この中で、アポクリン汗腺という呼ばれる汗腺から排出される水分には、脂質やアンモニアなどのニオイの元となる成分が配合されているため、わきがのような刺激的な強い匂いを発生する汗を作り出してしまいます。一方で、エクリン汗腺から排出される汗には、ニオイの元となる成分が含まれていないため、匂いもなくサラサラとしている特長があります。このように、アポクリン汗腺からの汗が原因となってすそわきがなどの匂いの強い汗を生み出してしまいます。

先ほどの遺伝と関係してきますが、アポクリン汗腺の数は、遺伝による引き継がれてしまうため、両親がわきがの場合は、アポクリン汗腺の数が多いことを意味しており結果としてわきがとなってしまいます。

すそわきがになった時どうすればいいの?

対処方法としては、手術などが今では一般的な対処法となります。

また、手術が怖いという方は、普段の生活から取り組める対策として匂いの強いものや脂質の多いものを控えた食事を行うことで、アポクリン汗腺から発生する汗に脂質や匂いの強いものを混ぜにくくすることができるため、日々取り組める対策法としてはオススメです。

根本的に治すのであれば、手術というのも候補に入れても良いかもしれませんが、ハードルが高いためデリケートゾーン石鹸など対策グッズを使用する方も多いです。「すそわきが対策にオススメ石鹸の選び方」でも紹介していますので参考にしてみてください。

すそわきが対策にオススメ石鹸の選び方

すそわきがに悩む人にとって、大きな力となるのが石鹸です。

というのも、すそわきがの原因の1つである体に常に存在している細菌が汗に含まれている脂質などを餌にして繁殖活動を行っており、その際に皮膚の表面にある細菌が脂質などを分解した際に、発生しているすそわきがなどの匂いの元を根絶する必要があるからです。

要するに、細菌の繁殖を抑えつつ細菌そのもの退治する石けんを使用することでわきがのにおいを抑えることにつながるというわけです。

石けんを選ぶ際は、弱酸性のものを選ぶこと

皮膚の表面い不着している細菌は、悪玉菌と呼ばれています。悪玉菌は、一般的にアルカリ性を好む性質があることから、真逆の酸性の成分を含む石けんを使用することで、細菌を退治する効果が高まります。しかし、人間の体は、強い酸性を使用してしまうと肌が荒れてしまうなど、別のトラブルを引き起こしかねませんので、この場合弱酸性の石けんを選ぶことが良いと言えます。

わきや陰部などはデリケートゾーンと呼ばれており、皮膚の薄い部分にもなりますのでできる限り低刺激のものを使用し、赤くただれたりかゆみを発生しないものを使用し、自分の体にあったものを使用するようにしましょう。

石けんで洗う時は泡を使用すること

いざすそわきがに効果のある石けんと出会った時に気をつけなければいけないのが、扱い方です。

イメージでゴシゴシと肌を入念にこすり洗いすると細菌をやっつけて洗い流せると思いがちですが、実はその洗い方は肌を過剰に洗浄してしまい必要な油分まで洗い流してしまうだけではなく、肌を乾燥させてしまうことにもつながります。

乾燥すると肌は、悪玉菌が優勢になりやすい環境を生み出してしまうため、より一層すそわきがのの匂いが強くなる恐れがあります。

そこで、オススメの方法は体に添付する前にしっかりとタオルなどで泡立ててから使用することです。イメージで言うところの、泡をもくもくと作った後に泡同士でこすり洗いするような形です。

つまり、直接手で皮膚を触らず泡だけで皮膚をふわふわと洗うだけで十分なのです。この方法により過剰に皮膚を刺激することなく、退治したい細菌を十分やっつけることができます。

ゴシゴシと洗えばいいと思いがちですが、今一度考え方を変えていただき優しく丁寧に洗い過ぎないように気をつけてミクてください。すると匂いも次第に治まってくることを実感できるはずです。

まんこの臭い(すそわきが)の3つの原因

女性にとって美容面の維持は日常生活において日課となっているハズです。

自身の体について誰しもが悩みを抱えているかと思われますが、まんこの臭い(すそわきが)については深刻な悩みになっていると思われます。家族や友人に打ち明ける事で出来なく、恥ずかしさもあり通院する事も出来ないでいる方が多いと思います。そんなすそわきがの原因は沢山あるのです。

すそわきがの3つの原因について記載していきます。

食生活によるすそわきがの原因

多くの方の食生活がコンビニ弁当やインスタント食品が中心となっているかと思われます。

しかしこれらの食生活は脂肪分やコレステロールが主な栄養成分となっています。これらの食せいかつでは体内に脂質が蓄積されてしまいます。

脂質が汗や分泌液と共に毛穴から排出されてしまうとすそわきが特有のイヤな匂いとなってしまいます。これらの食生活が中心となっているようであれば、脂質の分解を助けてくれるビタミンを含む野菜や果物も一緒に摂取する事ですそわきがの改善に繋がります。

お風呂の際の洗いが不十分である原因

多くの方がお風呂際にしっかりと洗っているかと思われますが、普段使用している石鹸では刺激が強すぎる為、雑菌を退治する働きをしてくれる常在菌までも弱らせてしまう為、雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。
この雑菌が繁殖する事でイヤな匂いとなってしまい、すそわきがの原因となってしまいます。

デリケートゾーンを洗う際には刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸で洗う事で改善する事が出来ます。

デリケートゾーンの毛の処理が原因

パートナーがいる多くの方はデリケートゾーンの毛量等が濃くなってくると処理しているかと思われますが、人に見られる事が無い方は処理を行わないと思われます。しかしこの処理をしないで放置しておくとすそわきがの原因になってしまいます。

毛量が多いと汗をかいた時に蒸れてしまいます。この蒸れが雑菌の繁殖を行い始め、すそわきが特有のイヤな匂いを発してしまいます。特に蒸れやすくなる夏の時期にはデリケートゾーンの毛の処理をする事ですそわきがの改善が行えるのです。

すそわきがは特有の匂いを放つだけでなく、デリケートゾーンの痒みや赤みを始め、多くの病気の原因にも繋がってしまいます。すそわきがの改善方法は数多くありますので、お悩みの方は日常生活の改善を行う事が重要です。