女性のあそこの臭い「すそわきが」の原因と難しくない対策法

女性はどうしても30歳前後から、すそわきがという臭いに悩まされるといいます。それは生きている証拠でもありますが、やっぱりあそこが臭いなんて恥ずかしいですよね。それは努力次第で克服できるのです。以下にまとめましたので参考にされてください。

すそわきがの原因

脇から耐え難い臭いを感じるワキガと同様、陰部から臭いが出る物に、すそわきがという物があります。

外陰部臭症とも言い、アポクリン汗腺から出る脂肪・尿素・アンモニアなど臭いの元となる成分が含まれた汗が原因となります。この、アポクリン汗腺から出る汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と合わさり、皮膚の常在菌に分泌される事で、すそわきがの臭いが発生します。

アポクリン汗腺は脇や陰部、乳首の周り、へその周りに多く存在します。すそわきがの臭いは性交時に強まる事もわかっており、フェロモンとしての役割の名残と考えられています。

すそわきがの注意点

すそわきがの臭いの強さは、アポクリン汗腺の多さに比例しますが、親がアポクリン汗腺を多く持っていた場合は子に遺伝する可能性が高いです。また、食事や体調によって臭いが強くなる事もあります。

例えば、ニンニクやネギなど臭いの強い物を食べると、その臭い成分を体に取り込む事になるので、すそわきがの臭いも強くなります。

また、肉や乳製品を多く摂る事もアポクリン汗腺や皮脂腺の働きを活発にする為、臭いを強める原因となります。そして、生理中や体調を崩している時にも臭いが強くなる傾向があります。そのような場合は無理をせず体を休めるのが良いでしょう。

すそわきがの解消法

食事の内容にも注意し、魚や野菜を摂る事が望ましいです。肥満気味の場合は、皮下脂肪を減らすようにする事で、アポクリン汗腺や皮脂腺の働きを抑える事が期待できます。

また、すそわきが用の洗浄料で余分な皮脂や雑菌を除去して清潔に保つ事も重要です。専用のクリームやスプレーも販売されているので、自分に合った物を使用するのも臭いを軽減させる方法です。

余分な皮脂や雑菌を増やさないという意味では、陰部の脱毛も臭い軽減の方法のひとつと言えます。ただ、完全にすそわきがの臭いを消し去りたいのであれば、アポクリン汗腺の働きを弱めるか、除去する事です。

■自分でできる対策方法

  • 正しい洗い方で臭いを抑える
  • 清潔に正しい吹き方で刺激を抑える
  • 普段の食生活から臭いが出ずらい食事にする
  • ムダ毛を処理することで蒸れによる雑菌を抑える

あそこの洗い方

女性はすそわきがの臭いが気になるとどうしても力を入れて洗う傾向にあります。ごしごし洗ってしまうと、あそこを傷つけてしまい、それが原因で臭いを出してしまうこともあるのです。

優しく洗うように気をつけましょう。それから刺激の強いボディソープを控え、弱酸性の石鹸やあそこ専用のソープに変えるのも効果があります。あそこは繊細なので、刺激が強すぎると体を守ろうとして臭いを出す働きがあるので気をつけましょう。

最近では、デリケートゾーン専用のジャムウ石鹸もありますが、あくまで膣の入り口までを洗うものです。膣内部は非常にデリケートなので、絶対に使用してはいけません。

引用 あそこ臭い

あそこのふき方

トイレに行った際、ごしごしトイレットペーパーでふくのもすそわきがの原因です。優しくぽんぽんと押さえるようにふきましょう。いわゆる肛門の方から膣に向かってふいてしまうと、肛門の菌が膣についてしまい、臭いの原因となってしまいます。

膣から肛門へむかってふくようにしましょう。ふくというより、ぽんぽんと押さえる感じでふくのがポイントです。お風呂からあがったときタオルでふくときも気を付けてください。

食生活を整える

食生活を整えることも重要です。肉類や加工食品、糖質をとりすぎるとすそわきがの原因となってしまいます。バランス良い食事をとると臭いが軽減されます。

臭いというのは、体の中のバランスが崩れることで起こるとも言われています。臭いは身体からのサインなのですね。現代の食生活はどうしても酸性に偏りがちなので、アルカリ性食品をとるといいとされています。

食事の最後に梅干しを食べることでアルカリ性を保つことができるので、夜の食事の最後にいただくと効果が出てきます。

あそこのムダ毛処理

あそこのムダ毛を処理することで、すそわきがの臭いを軽減させることができます。今は医療脱毛などでも主流となっているVIOコースは効果抜群です。

痛いし恥ずかしいという思いはつきものですが、半年ほどでかなりの女性が脱毛完了します。あそこの毛がなくなると、生理の時の蒸れがなくなるし、血液や尿がつくこともなくなるので、すそわきがというあの独特の臭いから解放されるのです。臭いの原因は毛につくので、それを脱毛するとかなりいい結果が得られます。

すそわきがの治療、手術について


治療法には、高周波、超音波をアポクリン汗腺にあて、働きを弱めるものや、レーザーでアポクリン汗腺を焼き、固めるというものもあります。レーザー治療では、すそわきがの治療と共にアンダーヘアも薄くなっていきます。

そして、すそわきがの治療法で1番多いものにボトックス注射があります。ボトックスという薬剤をアポクリン汗腺に注射し、その働きを弱めます。費用も他の物に比べ安く、副作用の心配も他の物より少ないです。治療時間も短い為、気軽に挑戦できる治療法と言えます。

ただし、その効果は半年から1年と言われています。手術には、皮下組織除去法という、皮膚を数センチ切開してアポクリン汗腺を除去するものがあります。

また、傷が小さくて済み、これまでの切開法では1番効果が高いと注目されている、超音波吸引法といものもあります。数箇所、小さく皮膚を切開し、超音波でアポクリン汗腺を焼いた後に吸引・除去する方法です。

自分でできる対策から、治療、手術まで、すそわきがの臭い対策は色々とあります。すそわきがの方々のお悩みが軽減、解消されますように。

SNSでもご購読できます。