すそわきが対策にオススメ石鹸の選び方

すそわきがに悩む人にとって、大きな力となるのが石鹸です。

というのも、すそわきがの原因の1つである体に常に存在している細菌が汗に含まれている脂質などを餌にして繁殖活動を行っており、その際に皮膚の表面にある細菌が脂質などを分解した際に、発生しているすそわきがなどの匂いの元を根絶する必要があるからです。

要するに、細菌の繁殖を抑えつつ細菌そのもの退治する石けんを使用することでわきがのにおいを抑えることにつながるというわけです。

石けんを選ぶ際は、弱酸性のものを選ぶこと

皮膚の表面い不着している細菌は、悪玉菌と呼ばれています。悪玉菌は、一般的にアルカリ性を好む性質があることから、真逆の酸性の成分を含む石けんを使用することで、細菌を退治する効果が高まります。しかし、人間の体は、強い酸性を使用してしまうと肌が荒れてしまうなど、別のトラブルを引き起こしかねませんので、この場合弱酸性の石けんを選ぶことが良いと言えます。

わきや陰部などはデリケートゾーンと呼ばれており、皮膚の薄い部分にもなりますのでできる限り低刺激のものを使用し、赤くただれたりかゆみを発生しないものを使用し、自分の体にあったものを使用するようにしましょう。

石けんで洗う時は泡を使用すること

いざすそわきがに効果のある石けんと出会った時に気をつけなければいけないのが、扱い方です。

イメージでゴシゴシと肌を入念にこすり洗いすると細菌をやっつけて洗い流せると思いがちですが、実はその洗い方は肌を過剰に洗浄してしまい必要な油分まで洗い流してしまうだけではなく、肌を乾燥させてしまうことにもつながります。

乾燥すると肌は、悪玉菌が優勢になりやすい環境を生み出してしまうため、より一層すそわきがのの匂いが強くなる恐れがあります。

そこで、オススメの方法は体に添付する前にしっかりとタオルなどで泡立ててから使用することです。イメージで言うところの、泡をもくもくと作った後に泡同士でこすり洗いするような形です。

つまり、直接手で皮膚を触らず泡だけで皮膚をふわふわと洗うだけで十分なのです。この方法により過剰に皮膚を刺激することなく、退治したい細菌を十分やっつけることができます。

ゴシゴシと洗えばいいと思いがちですが、今一度考え方を変えていただき優しく丁寧に洗い過ぎないように気をつけてミクてください。すると匂いも次第に治まってくることを実感できるはずです。

SNSでもご購読できます。